実際の体験談をご紹介

生活費に困った時にカードローンを利用しました。(男性/30代)

男性/30代

私は会社員として営業を行っている30代後半の男性です。

忙しい仕事であるにも関わらず、収入は決して楽できるレベルではないです。
そのため、生活費においてギリギリになることもあり、毎日お金に関して不安を抱えていました

給料日前になるとお金がなく、飲み会の誘いなども断ることが多かったです。

生活に必要な携帯料金や家賃、電気水道ガスなどの支払いにおいても延滞することがありました。
急な出費に対応できるような貯蓄もなく、お金が必要な時は親に頭を下げたこともあり、情けない気持ちでいっぱいです。

そのような時にカードローンの存在を知り、お金を借りることにしたのです。

初めは少し抵抗があったのですが、どうしようもない時に利用するのは効果的だと思いました。
なお、審査で不安な面があったため、銀行のカードローンではなく消費者金融のプロミスを選びました。

インターネットで簡単に申し込みができ、審査においては会社への在籍確認をしてすぐに終了でした。

在籍確認ではカードローンの審査と分からないように電話してくれるので、心配はいりません。

契約で決めた上限以内であれば、コンビニのATMで簡単にお金を借りることができ、
返済においてもATMからできるため、困った時はすぐに利用できて重宝しています。

カードローンを利用して、本当に良かったと思います。

数あるカードローンの中でも、口コミによる評価が高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  2. 三菱UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  3. ビジネクスト

    個人事業主や経営者向け、無担保無保証・来店不要で書類提出後3日程度で融資してもらえる

その他の体験談

こっそりとお金を借りることは可能?

どうしてもお金を借りる必要があっても、会社や家族に知られたくないという人も多いでしょう。

手軽だからと闇金業者を利用すると、金利が高いために返済できないことも考えられますよね。
ずばり、会社や家族に気付かれることなく、お金を借りることは可能です。

今回は誰にもバレずに安心して、お金を借りる方法を紹介します。

在籍確認で会社の人に知られてしまう可能性

会社の人に借入を知られてしまうきっかけがあるとすれば、キャッシングの際の在籍確認です。

銀行や消費者金融からお金を借りる際には申込書に記入した会社へ電話をかけ、実際に働いているかの確認があります。

返済能力のある人にしかお金を貸しませんので、在籍確認をすることによって、
借入をした人が本当に返済できるのかどうかを審査するのです。

そして、この在籍確認を回避する方法があります。

それはWEB完結という、申し込みから借入まで全てをインターネット上で行う方法です。
WEB完結であれば、在籍確認を電話連絡以外の方法で行います。

プロミスでは必要書類を提出することで、在籍確認の電話をなくすことができます。

ただ、もし在籍確認の電話があったとしても、カードローン業者であることを知られないように
個人名でかけてくれるので、バレる心配はほぼないと思って大丈夫です。

WEB完結での在籍確認の方法

WEB完結を行うために必要な書類は、「運転免許証」や「パスポート」といった本人確認書類です。

さらに、「厳選徴収票」「税額通知書」「所得証明書」などの収入が証明できる書類の提出も求められます。
それに加えて、勤務先が確認できる書類として、直近1カ月分の「給与明細書」と「健康保険証」の両方が必要です。

健康保険証は勤務先の分かる「社会保険証」または「組合保険証」であり、収入がわかる書類と保険証によって在籍確認を行います。

なお、給与明細書にも会社の名前が記載されていることが条件となる場合もあるので注意しましょう。
WEB完結の書類の提出は申し込みと同様にインターネット上で行います。

提出書類をスマートフォンのカメラなどで撮影し、専用のページにアップロードするだけなので手軽です。

その後、業者から直接連絡が来ますので、誰にも知られることなくお金が借りられます

在籍確認を無しにできない場合の対処法

お金を借りたい業者がWEB完結を行っていない場合には、在籍確認を受けなければいけません。

銀行でも消費者金融でも電話での在籍確認を行っていますが、その方法には違いがあり、それぞれに対処法があります。
まず、銀行の在籍確認は会社に電話をかけてきた際、銀行名と審査担当者の名前を告げます

そのため、会社で電話を受けた人に○○銀行の融資担当者から電話があったことを知られてしまうでしょう。

この場合には、住宅ローンの件や教育ローンの件で電話があったと適当に言えばいいと思います。
一方で、プロミスなどの消費者金融では担当者の個人名で電話をかけてきます

そのため、電話に出た人も「取引先の誰かかもしれない」と感じやすく、それほど気にすることも無いでしょう。

消費者金融の場合には電話をかけてくる時間の指定もできますので、
自分が会社の電話に出やすい時間にかけてもらうことも可能です。

また、担当者の名前も事前に確認できますので、会社に「○○さんから電話がある。」という旨をあらかじめ伝えておくのもいいでしょう。

さらに、担当者の性別も指定できることから、異性からの個人名での電話に不倫を疑われることもありません。

家族に知られたくない時は郵便物にも注意を

会社にかかってくる在籍確認の電話を上手くかわせても、銀行や消消費者金融から
契約書やカードが送られてきた場合は家族に借入を知られてしまう可能性があります。

なので、家に届く郵便物にも細心の注意を払う必要があります。

ただ、利用者の多くが家族に知られたくないという気持ちを持っていますので、
銀行や消費者金融としてもそのために新しいサービスを打ち出しています。

その一つとして、カードレスタイプのキャッシングがあります。

カードレスのキャッシングではインターネット上で借入から返済までを行いますので、
カードを持つ必要がなく、自宅にカードが送られてくることはありません。

プロミスではカードレスタイプもありますので、検討してみてください。

もし、カードレスにできないという場合は自動契約機に行って手続きを行い、その場で直接カードを受け取る方法もあります。

また、銀行のキャッシュカードにローン機能を付けるといった方法もあります。

この方法であれば、これまでと同じキャッシュカードを使用しながらお金を借りることができますので、
新しいカードを家族に見られることもありません。

キャッシュカードにローン機能を付けると、キャッシングまでの時間が早く、審査に必要な書類の一部を省略することも可能です。

どちらの場合においても、念のため契約書などの書類を自宅に郵送してほしくないということを言っておきましょう。

親会社がメガバンクなら安心

一般的に闇金は金利が高く、返済できない場合はしつこい取り立てにあうことが考えられます。

そのため、闇金からはお金を借りない方がいいと聞いたことがある人も多いでしょう。

ただ、中には消費者金融も闇金と同じであると考える人もいて、
初めてお金を借りる人は消費者金融に対して、怖いイメージを持っいるかもしれません。

しかしながら、消費者金融というのは貸金業法に基づいた運営を行っています。

貸金業法では取り立てや行き過ぎた貸付業務も禁止されていますので、安全にお金が借りられます。
また、大手の消費者金融の親会社はメガバンクであることも多いです。

もし、子会社である消費者金融が取り立てなどを行った場合には、会社のイメージダウンに繋がります。

そういったことを避けるためにも、大手の消費者金融では透明性の高い安全な貸し付けを行っているので安心してください。

業者を選んで上手にお金を借りよう

会社や家族に知られることなくお金を借りるためには、何よりも業者選びが大切です。

在籍確認を電話以外の方法で行えたり、電話確認において気づかれないような配慮をしてくれる業者が好まれますね。
また、郵便物などを送らないサービスを行っている場合には、家族に気づかれることなく借入が可能です。

当サイトでは、そのような安全にお金を借りられる業者としてプロミスを推奨しています。

プロミスでは30日間無利息というサービスもあり、審査時間も早く、大手ということで安心できます。