このページの目次を開く

このページの目次

  1. 実際の体験談をご紹介
  2. 人気のカードローンをランキング
  3. よくある質問

実際の体験談をご紹介

結婚ラッシュで大ピンチ!でもインターネットでお金を借りられました。(男性/30代)

男性/30代

僕は高校以来からの友人が多く、会社の同僚ともよく飲みに行っています。

年収自体は低くないのですが、30歳を過ぎてから結婚式への出席が増えました。
おめでたいことですが、ご祝儀とか二次会とか、結婚は出席者も費用がかかるものです。

月に3回の結婚ラッシュを迎えたときは流石に焦りました。

ちょうどパソコンが壊れて買い換えたばかりだし、給料日前でぜんぜん余裕がなかったんです。

こうなったら両親にお金を借りようかとも考えましたが、
大学生時代に遊んで迷惑をかけてしまったので相談なんてできませんでした。

何気なくよく飲みにいく友人に「今月かなりピンチだよ」と愚痴ったら、消費者金融で借りたらどうかと勧められました。

「簡単に借りられるし、すぐ返せるなら大丈夫だよ」と。
それまで消費者金融は利用したことがないし、借金をすることに不安もありました。

でも、友人が有名なところなら大丈夫だと言っていたし、調べるだけならタダだと思ってインターネットで検索しました。

おっくうになるくらいの数の消費者金融が出てきて、とりあえず有名なところに絞りました。
その中でも一定期間内は無利息で借りられるという消費者金融を見つけました。

しかも、インターネットからも申し込めて即日融資可能と書いてあったんです。

いくつか比較して次の給料日には返せると見込みがあったので最初に目をつけた一定期間内は無利息の消費者金融を選びました。

インターネットで審査を受けた後、10万円融資が受けられると連絡があって、スマートフォンで必要書類の写真を撮って提出、
インターネットで契約してそのまま振り込んで貰うといった流れでとても簡単にお金を借りることができました。

おかげで晴れ晴れしい気分で結婚ラッシュを乗り切れて、借りたお金も給料日に無事に返済できました。

この一件でキャッシングの印象が変わったような気がします。

人気のカードローンをランキング

数あるカードローンの中でも、口コミ評価の高い会社をピックアップしました

なお、三菱UFJ銀行は総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも借入可能です。

  1. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  2. 三菱UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  3. SMBCモビット

    10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

お金を借りる方法にはどんなものがありますか?

消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠、
生命保険、公的融資制度、親戚や知人から借りる
といった方法があります。

消費者金融は審査が通れば借りられますが、いわゆる闇金の勧誘には注意が必要です。

銀行のカードローンは総量規制対象外で専業主婦でも申し込みが可能です。
ただし、世帯として収入が安定していないと審査に通らないこともあります。

積み立て型の生命保険加入者であれば、契約者貸付制度で
解約返戻金の7~9割ほど借り入れが可能ですが、詳しい内容は保険会社により異なります。

公的融資制度で借りる場合は低金利で借りられますが、条件が厳しいので簡単には借りられません。

キャッシング機能のあるクレジットカードは便利で手軽に利用できるものの、金利が高めに設定されていることがあります。
親戚や知人から借りる場合は金利は発生しませんが、きちんと誠意を持って返済しないとトラブルになったり信用を失いがちです。

それぞれの注意点を踏まえてどんな方法でお金を借りるか検討しましょう。

必要書類は何ですか?

借り主(本人)の身分証明証が必要です。身分証明証は運転免許証、パスポート、健康保険証などが当てはまります。

外国の方であれば外国人登録書、在留カードを身分証明書として提出できる場合もあります。

そして、基本的に一社での借り入れ希望金額が50万円を超える、
他社の借り入れ金額が合計で100万円を超える場合には収入証明書類の提出も求められます。

消費者金融や銀行によっては一定金額までは収入証明書の提出が不要なこともあるので、
まずは各社のサイトや資料を確認してみてください。

専業主婦でもお金を借りることは可能ですか?

消費者金融の場合、借り入れ総額が本人の収入の3分の1までと制限されている総量規制により自身に年収がなければ借りられません。

よって、専業主婦の方が消費者金融からお金を借りるには配偶者の同意書、収入証明書が必要となります。
しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外になっているので、専業主婦の方でも本人名義でお金を借りることができます。

もし配偶者に内緒で借りたいのなら、トラブルにならないように十分に気をつけてください。

パート、アルバイト、派遣社員、契約社員でもお金を借りられますか?

現在働いていて安定した収入がある(見込める)方なら
アルバイト・パート、派遣社員、契約社員や主婦、学生でも各金融機関で問題なく、お金が借りられます。

ただし、20歳以上の学生は契約するのに両親や保護者の同意が必要になります。

外国人でもお金を借りられるのでしょうか?

外国人であることを理由に、融資の申し込みを受け付けない消費者金融、銀行はありません

ただし永住許可を受けている場合に限られたり、3ヶ月以上日本に滞在する権利を証明する在留カードの提出を求められることが多いです。

もし旅行などで一時的に日本に来ているだけの状況なら、
クレジットカードのキャッシング枠を使う方が良いかもしれません。

金利はどれくらいになりますか?

借り入れ先の金融機関によって金利は異なります。消費者金融の最高金利は17~18%、銀行カードローンは14~15%です。

ちなみにクレジットカードのキャッシング枠の最高金利は約18%で最低金利は銀行カードローン並です。

一般的に借り入れ金額が大きくなるほど金利が低くなるのですが、
最初は限度額が低めに設定されるので最高金利を参考にした方が良いでしょう。

消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が低めになる傾向がありますが、
必ずしもそうとは言えないのでまず金利を確認してください。

早めに返済できるなら、一定期間無利息のサービスのある消費者金融もチェックしてみてはいかがでしょうか。

借入にあたって年齢制限はありますか?

ほとんどの会社、銀行は20歳未満の未成年に対する融資を行っていません。

親の同意が必要ですが、未成年なら学生向けクレジットカードのキャッシング枠が利用できます。
上限については大手消費者金融は69歳以下で統一されていて、銀行は64~70歳以下とバラバラです。

地方銀行のカードローンなら、契約したのが70歳以下なら74歳まで利用可能といった条件があるので確認してみてください。

年金収入だけでもキャッシングを利用できますか?

年金収入については消費者金融、銀行によって安定収入と見なす場合と見なさない場合があります。

申し込み前に確認してみてください。
年齢上限を超えている場合は、公的融資である年金担保貸付制度を利用することでお金を借りることも可能です。

年金を担保として貸付を行う公的な組織は日本政策金融公庫と独立行政法人福祉医療機構の2つです。

これら以外の年金を担保にした融資を扱う企業や団体は違法業者の可能性があるので、注意が必要です。

担保や保証人は必要ですか?

担保や保証人は必要ありません。キャッシングは個人向けの無担保融資です。

銀行カードローンの場合は消費者金融が保証会社となっているので契約が必要ですが、
保証人は必要ありませんし無担保で借りられます。

利息を払いたくないので、友人か家族からお金を借りたいです。

借りる相手との関係性や金額にもよりますが、それなりの金額を無利息で借りるのは
トラブルになりがちで、誠意がないと思われるかもしれません。

まず借用書をしっかりと書き、最低限の利息は払いましょう。年3%は最低でも支払う方が良いです。

そして、借用書に利息と返済期日を書くのも忘れてはいけません。
信用を失わず、相手を安心させるためには努力と誠意が必要です。

消費者金融などからお金を借りると、誰かにバレてしまいますか?

ほとんどの消費者金融、銀行は法令に定める場合を除いて、第三者に個人情報を無断で提供することはありません。

契約の方法によっては郵送で資料や書類、カードが届くこともありますが、事前に相談すれば配慮をして貰えることもあります。
在籍確認の際には職場に連絡がありますが、ほぼ仮名か銀行名で行われています。

また、Web完結ならほぼ他人に知られることなくお金を借りられます。

Web完結とは、どういうことですか?

各金融会社、銀行のWebサイトから申し込みを行い、必要書類を提出し、
契約から借り入れ、返済もすべてカードレスで行えるという方式です。

郵送物がないので、他人に知られたくない方も安心して利用できます。
カードの紛失や他人に見られてしまう心配がないというメリットもあります。

すぐにお金を借りたいのですが、審査時間はどれくらいですか?

消費者金融や銀行の自動契約機を利用すれば、1時間以内に契約が完了するところが多いです。

事前にインターネットか電話で申込みをしておくと時間が短縮できます。
ただし、特に銀行は時間帯によってはかなり混んでいたり、終了時間ギリギリや週末だと契約が翌日以降になる場合もあります。

余裕を持って契約に行きましょう。

複数のカードローンに申し込んでもいいですか?

逆に審査に時間がかかってしまうことがあります。

審査をする際に金融機関はかならず、信用情報を確認して他社からの借り入れ状況などを調べます。

申し込みをした段階で信用情報にその記録が残るので、会社や銀行によっては
他社の審査結果を待ってから結果を出すということがあります。

あまりに申し込み数が多いと不審に思われる可能性もあります。

短い期間(1~3日間)に複数の申し込みをするのは避けた方が良いでしょう。
スピード診断のような簡易診断の段階では信用情報に記録は残りません。

そちらを利用してどこに申し込むか検討してみてください。

年会費や入会金はかかりますか?

無料の金融機関が多いです。

クレジットカードの場合は年会費や入会金が必要なことがありますが、
利息を主な収入源としている消費者金融や銀行カードローンは年会費、入会金を取る必要がありません。

ただし信販系のゴールドカードのようなものだと年会費や入会金がかかる場合もあります。

これは保険が付随していたり、質の高いサービスが受けられるのが理由です。

また、消費者金融や銀行カードローンは年会費などはかかりませんが、
金融機関の自社ATMや特定の提携ATM以外だと、手数料が発生することもあるので確認してください。

在籍確認とは何ですか?

申し込み者本人が申告した企業に実際に勤務しているかどうか、確認するために勤務先に電話連絡をすることです。

消費者金融は担当者の個人名のみで連絡し、銀行は銀行名か希望があれば個人名で連絡するのが一般的です。

本人が出れば在籍確認だと伝えられますが、不在の場合は「何時頃ならいらっしゃいますか?」のようにさりげなく在籍確認が行われるので、
申し込み者がその企業に在籍していることさえ分かればそれで在籍確認は完了します。

自宅兼事務所の電話番号でも在籍確認は大丈夫ですか?

自宅兼事務所の電話番号を記入すれば大丈夫です。

電話番号が記載された営業許可証または、確定申告書を準備すればスムーズに在籍確認をして貰えます。
自宅の電話番号で104番号案内に登録することで、信用度を高めることも可能です。

もしものときのために、カードだけ作ることは可能ですか?

金融機関にもよりますが、可能なところもあります。

急な出費があったときに契約だけはしておきたいという方もいるので、
借り入れ金0円から契約可能と最初から明示している消費者金融もあります。

どのくらいの金額まで借りることができますか?

銀行以外では総量規制のため年収の3分の1以上は借り入れができません。

銀行カードローンだと300万~1000万円が上限金額に設定されています。
ただし、初回は取引実績がないので10~20万円くらいが限度額に設定されている金融機関が多いです。

支払いを続けていると借り入れの上限金額も上がっていくという仕組みです。

収入のない主婦が銀行カードローンで借りる場合の上限金額は30万円から多いところで50万円です。
こちらはアルバイトやパートで収入が得られない限り、増額されることはほとんどないでしょう。

学生の場合も初回は10万円程度が初回の限度枠で上限は50万円ほどです。

返済の支払いが遅れると、どうなるのでしょうか?

支払いが遅れると、返済額に加えて遅延損害金を支払うことになります。

支払いが遅れると分かった段階ですみやかに消費者金融や銀行の担当者に連絡をして下さい。

事情があったり故意でなければ大きな問題にはなりませんが、
催促を無視して3ヶ月以上支払いが遅延すると信用情報に金融事故という記録が残ってしまいます。

こうなると一括での返済を求められたり、他の金融機関でローンを組むことが困難になってしまいます。

返済期日を守り、支払いが遅れる事情があるならきちんと担当者に相談することが大切です。
状況に応じた返済プランを考えて貰えます。

怖い取り立てはありませんか?

正当な理由がない限り、自宅に訪問することはありません。正当な理由とは借りた人と連絡が取れないような場合です。

ドラマでよくある怖い取り立ても現在は貸金業規制法により厳しく取り締まられているので、大手消費者金融ではありません。
午後9時~午前8時に借りた人に電話をかけたりFAXを送る、自宅を訪問する行為は法律で禁止されています。

正当な理由もないのに勤務先や他の場所に連絡したり訪問することも禁じられています。

訪問に対して出ていくように言われて従わないのも違法です。

消費者金融からお金を借りる際に気をつけることはありますか?

ソフト闇金に気をつけましょう。

違法な取り立てが取り締まられるようになり、ドラマに出てくるような分かりやすい闇金はほとんど見なくなりました。
その代わりにトラブルが増加しているのがソフト闇金と呼ばれる消費者金融です。

主な特徴としては利用者に優しい、違法な取り立て方をしない、
返済の催促もあまりしない、無名でも見栄えの良いサイトがあるといったことがあげられます。

一見すると「普通の消費者金融と何が違うの?」と感じるかもしれませんが、高すぎる利息を見れば違法だと分かります。

態度がソフトでも闇金は闇金なので気をつけてください。
でたらめな住所を載せていることも珍しくない上に電話番号など、個人情報を悪用される恐れもあります。

クレジットカードと消費者金融のキャッシングはどう違うのですか?

色々ありますが、まず借りられる金額が違います。

クレジットカードのキャッシング枠は一般的に消費者金融などと比べると、低めに設定されています。
そして、金利が高めで最低金利でも銀行カードローン並になっていることもあります。

最も大きな違いはクレジットカードは一括返済、消費者金融などのカードローンは分割払いを前提としているというシステムの違いです。

返済期間、金利の設定、返済金額も現在の状況に応じて選びやすい選択肢の多さが消費者金融などのキャッシングのメリットと言えます。
気軽に使えるクレジットカードのキャッシング枠ですが、金利が高めだということを意識して利用した方が良いでしょう。

公的融資制度には、どのようなものがありますか?

生活福祉資金貸付制度、年金担保貸付制度、国の教育ローンがあります。

生活福祉資金貸付制度は、生活が困窮している世帯の自立をサポートするための制度です。金利は0~1.5%ととても低いです。
連帯保証人がいると無利子で借りられます。年金担保貸付制度は年金受給者が利用できます。

年金を担保にお金を借りることができるのはこの制度だけで金利も1.9%と低めですが、連帯保証人か信用保証制度の利用が必要です。

国の教育ローンは子供の養育費が支払えない世帯が利用できます。

利用対象が中学校卒業以上の人を対象にした教育施設、
義務教育期間中の費用は対象外なので大学の進学目的で利用している人が多いようです。

最高で350万円まで借り入れが可能で金利は1.81%の固定金利です。

どの制度も条件は厳しいですが、利用できるならこれらの公的融資制度を検討するのも良いでしょう。

1万円からでもお金を借りることはできますか?

多くの消費者金融は1000円単位、銀行は1万円単位で貸してくれるところが多いです。

銀行でもATMでの借り入れなら1000円単位で借りられるところもあります。利用限度額の範囲なら何回でも借りられます。
返済は1円、1000円単位で受け付けてくれる場合もあるので、不要な分をすぐに返済するといった方法もあります。

ただし手数料がかかることもあるので自社ATMや、手数料が無料になるATMを利用しましょう。

クレジットカードのショッピング分も総量規制の対象になりますか?

クレジットカードでの商品購入(ショッピング)分は対象になりません。

総量規制の対象となるのはクレジットカードを利用してお金を借りるキャッシング枠です。
なので借り入れが年収の3分の1を超えていても、クレジットカードで購入することは可能です。

とはいえ使用するクレジットカードの利用限度額を超えての利用はできません。

あくまでも返済に支障が出ない範囲での利用をおすすめします。

インターネットでお金を借りたり、返済することはできますか?

大手消費者金融、銀行はインターネットからの借り入れ、返済が可能です。

手数料無料で24時間365日利用できる金融機関もあり、主に会員ページから借り入れや返済手続きができます。

特定の銀行の口座を持っていることが利用条件だったり、特定の銀行の口座なら
土日や祝日でもすぐに振り込まれるといったサービスに差をつけているところもあります。

会員IDやパスワードの管理が必要ですが、上手く利用すれば借り入れも返済も自宅から簡単にできるので活用しましょう。

毎月どれくらい返済する必要がありますか?

借りたときの条件や金融機関、契約内容によって異なりますが最少返済額が設定されていることが多いです。

2000円から1万円くらいまで金融機関によって金額は大きく異なります。
また、借り入れ金額の残高に応じて最少返済額が変動することもあるので、借り入れ時にシミュレーションを見て確認してください。

最少金額が少ないと返済が遅れる心配もなく気分的に楽になるものの、
金額によっては返し終わるまでに数年間もかかり、返済期間が長引けば支払う利息もその分多くなります。

余裕があるときに繰り上げ返済をする方が良いでしょう。

利息の計算はどうやるのですか?

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りた場合、利息は利用した日数分にかかってきます。

利用金額×金利(利率)÷365×利用日数=利息となります。
自力で計算すると面倒ですが、各金融機関のサイトでは利息や返済にかかる期間を計算することができます。

借りた日数と金利が低ければ、利息分返済額を抑えることができます。

そして、借りた当日に返済する即日返済だと利息が発生しません。

例えば給料日の朝に大きな支払いがあって、銀行口座の残高が足りないときに
キャッシングで借りて、即日返すという利用方法もあります。

お金を貸してくれる掲示板があるのですが、安全ですか?

検索サイトでお金を借りたいというキーワードを入れると、候補の中に掲示板というものが見当たります。

匿名掲示板で個人的にお金を借りたい、貸せる人が集まってお金の貸し借りを交渉する窓口のようなサイトが主にヒットします。
相手がどんな人なのか全く分からない不安もありますが、正規の業者ではない人物が混じっている可能性すらあります。

実際に相手が実は闇金で追い回された、借りた以上の金額を請求された、
個人情報を取られてしまったなど匿名であるがゆえのトラブルも起きています

しかも手渡しでのお金の貸し借りとなると、身の危険すらあります。

こうした掲示板を利用する前に、他の手段を探すか法律を守っている金融機関に相談することをおすすめします。

このページの先頭へ