カードローンで接待費を借りました。(男性/50代)

男性/50代

私は営業部長を任されている50歳の男性会社員です。

会社にとって大切なお客様を接待しなければいけない立場です。

しかし、景気の良い時と違って、今は接待しても清算は後日のことが多く、
とりあえず領収書だけは大切にしまっている状態です。

ところで先日、会社にとってVIPが来た時がありました。

この時は私のポケットマネーではとても支払いは無理だと思い、カードローンでお金を借りることにしました。
ただし、営業ですから会社にとって利益につながる話があって初めて、接待のお金を全て会社が持ってくれます。

しかし、逆に商談が不成立に終わると、接待のお金は全て私の責任ということで自分で払わなければなりません。

なので、接待する時は本当に必死でした。地元でも有名な料亭で美味しい料理を出してもらいました。
次は、女性がいるクラブで気分が良くなったところで商談の話をしました。

相手側は今回の接待が気に入った様子で、「お宅の会社とは長く付き合っていきたい。」
という嬉しい言葉を頂戴し、営業部長としてホッと胸をなでおろしました。

当初はカードローンは怖いと思っていたのですが、商談が成立したのもお金を借りたからなので、
その時の状況を考慮したうえで利用するのは、とても効果的だと思います。

後日、カードローンの元金と利息が会社から私の口座に振り込まれ、借金の返済が終わりました。

人気のカードローンはこちら